ウミネコ

何年ぶりかで海に行く機会がありました。

d0367529_21321261.jpg



早朝から特急でお出かけしたこの日、少しだけ時間があったので足を延ばして海辺へ行き、カモメを撮ることにしたのです。

d0367529_21321284.jpg



友人から「遊覧船に乗ってカモメに餌をやった。カモメと目が合って感激した」と聞いていたので、さっそく私も船上の人に。

d0367529_21321317.jpg



最初は、遠目に休憩中のカモメを眺めるだけだったのですが、

d0367529_21321185.jpg



次第にちらほら飛ぶカモメも見かけるようになりました。

d0367529_21321372.jpg



でも、あの船みたいに群がってくれないなぁ…と他の船を羨ましそうに眺めていたら、

d0367529_21351797.jpg



こちらにも少しずつ数が増えてきました~。

d0367529_21361071.jpg



しかもけっこう近くまで来てくれて、

d0367529_21360942.jpg



ふわふわとスピードを合わせて飛んでくれるのでした。

d0367529_21351543.jpg



私は最上階のデッキにいたのですが、下の階で餌やりをしているようで

d0367529_21340910.jpg



たくさんの鳥たちが船の周りを乱舞しながら追ってきます。

d0367529_21340832.jpg



こんな風に、上から見下ろす角度で見るのも

d0367529_21351656.jpg



新鮮です。

d0367529_21351689.jpg



強い風が吹く中、ひたすら連写したり、

d0367529_21340892.jpg



追うのをあきらめてぷかぷか浮いている子を撮ってみたり。(かなりなトリミング)

d0367529_21351667.jpg



ところで白っぽい鳥と褐色の鳥がいたので、「種類が違うのかな」と帰宅後に図鑑をあたってみたところ、

d0367529_21340741.jpg



この鳥さんはカモメ科の「ウミネコ」という種類だということがわかりました。

d0367529_21360979.jpg



くちばしの先に黒と赤の斑紋があるのが目印。

d0367529_21340743.jpg



そして羽色が濃いのは若鳥。

d0367529_21360902.jpg


d0367529_21360815.jpg



「ウミネコ」は全国的に一年中よく見られるカモメ類で、一方の「カモメ」は冬鳥とか。

d0367529_21340980.jpg



尾の先が黒いのもウミネコの特徴だそうです。

d0367529_21340771.jpg



(足が可愛いなー)

d0367529_21361004.jpg



普段カモメ類には縁がなくて

d0367529_21351601.jpg



たまに河川敷で、1羽とか、せいぜい数羽が飛んでいるのを見たことがあるくらい。

d0367529_21321417.jpg



いずれも冬だった気がしますが、あれはカモメだったのかセグロカモメだったのか…

d0367529_21321347.jpg



これからはもっと関心をもとう~。

d0367529_21340618.jpg



ところで、途中からトビもたくさん来てくれて写真もたくさん撮ったので、それは次回に…

d0367529_21321352.jpg



☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆
ポチッと応援してくださったら嬉しいです♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

by torisorahana | 2017-10-13 01:30 | 海へ行った | Comments(0)
<< 洋上のトビ コガモおかえり >>